ニキビ

ニキビ

さまざまな症状や段階があって、厄介なニキビ。
その厄介なニキビにどう対応していけばよいのか、探っていきます。

ニキビ > ニキビ

ニキビ 直し方

ニキビの直し方と言っても、ニキビは段階ごとに処置の仕方が違うので、まずはそれを把握することが第一です。それを間違えると、タイヘンなことになります。

 ただ、ニキビの直し方として、共通して言えることがあります。

 一つ目はスキンケアを行うこと、です。逆説的に思えるかもしれませんが、ニキビは、毛穴の汚れが詰まってしまったために起こるもの。そう考えると、ニキビをより悪化させないためにも、適切なスキンケアが必要です。角質の詰まりを改善するピーリングを行い、肌のケアしましょう。

 ニつ目は保湿を行うことです。特に、オイルフリーの商品を使うほうが、ニキビのケアには良いでしょう。

 ニキビをケアする上で、保湿に良いと思われる商品を返金保証順にランキングしてみました。
参考になれば、幸いです。

1位 翌朝までつづく、潤いとハリ。

ラミューテ、公式サイトはこちら。

肌の潤いを補い、うるおいとハリを守り、
そして、うるおいとハリを創りだす。

だから、翌朝のうるおいが、いつもの1.4倍

勿論、個人差はあるでしょうが、
使ってみる価値はあるのではないでしょうか?

しかも、180日間の全額返金保証。

ラミューテ、公式サイトはこちら。

2位 オーガニックの高品質ジェル。

プレナス 公式サイトはこちら。

90%の方が美肌効果を実感

化粧水から化粧下地までの5つのステップが、ひとつに濃縮。

たっぷり2ヶ月分使えて、しかも全額返金保証。

プレナス 公式サイトはこちら。

3位 @コスメ、楽天でランキング1位。

エニシングホワイト、公式サイトはこちら。

肌のトラブルには、トータルケアが必要です。

美容成分が98.8%含まれていますので、
化粧水からパックまでのトータルスキンケアを、コレひとつで実施します。

返金保証期間は30日間。

エニシングホワイト、公式サイトはこちら。

4位 たった1分間のケアで、ハリのある肌へ。

肌ナチュール 公式サイトはこちら。

忙しいあなたにおすすめのオールインワンゲル。

乱れた肌を整え、美容成分が角質層まで、浸透していきます。

しかも、添加物は一切使用してません。

返金保証期間は、30日間。

肌ナチュール 公式サイトはこちら。

5位 自ら潤いを育てる肌を創りだす。

リ・ダーマラボ、公式サイトはこちら。

うるおい実感、99%。
ハリ・弾力に手応え、92%。
キメの整い、82%。

この数値に人気の秘密があるようです。

さらに、ドクターが監修して、肌へのやさしさもチェック済み

全額返金保証は付いてますが、
初回一個限りなので、注意が必要です。

リ・ダーマラボ、公式サイトはこちら。

ニキビ跡

ニキビが治ったと思ったら、出てきて困るのが、ニキビ跡。種類としては、赤みが残るタイプや、色素沈着タイプ、クレータータイプがあります。

ニキビ跡の改善方法を、個々に挙げていきます。

まずは赤みが残るタイプ。この場合は、ビタミンC誘導体の含まれた化粧水や美容液などで、肌のケアをしましょう。と同時に、肌のターンオーバーの促進をすることも進めると、なお良いでしょう。

次に、色素沈着したシミが残ったタイプ。この場合は肌のターンオーバーを根気よく行う必要があります。そのためには、肌の保湿とホルモンバランスが重要になります。肌の保湿は自分でもできると思いますが、ホルモン治療となると、専門家である皮膚科などに相談したほうが間違いがないと思います。 

最後に、クレータータイプ。これはピーリングやレーザー治療といった方法でも治すことは可能のようです。ただ、敏感肌や炎症を起こしやすい人には向いてないようです。そういった方には、やはり肌の新陳代謝を促進させるといった、カラダ本来の機能で肌を改善したほうが良いようです。具体的には、肌の保湿の維持とホルモン治療といった方法になります。

白ニキビ

白ニキビの直し方としてはいくつかありますが、女性に人気のある治療方法がケミカルピーリング。理由としては、余分な角質を取り除くことで、皮膚のターンオーバーを促進する効果があるためのようです。

また、ニキビが進行する前に、改善することができる、悪化を防ぐことができる、毛穴が詰まりにくくなる、といった更なる効果もあるようです。ただ、保険が適用されないのが、この方法の残念な所といえます。

なお、ケミカルピーリングは医師の技量によって、効果に差があるようです。ですから、治療前の相談や問い合わせをしっかりと行うことが、肝心です。

また、この方法は肌のバリヤ機能が低下している時には、肌にダメージを与えやすいので、保湿などのスキンケアをしっかりと行う必要があります。

いずれにせよ、白ニキビの段階で治療しておくのが、ニキビ治療の鉄則とも言えます。

ニキビ トップへ戻る

Copyright 2016 © ニキビ All Rights Reserved.